FireflyはImage3モデルへさらに進化

※アフィリエイト広告を利用しています
画像生成やスタンプ作成

AdobeFirefly(アドビファイアフライ)とは

Adobe Fireflyは、デザインソフトウェアの「Adobe(アドビ)」によって開発された、

文章のプロンプトから画像を生成してくれる、画像生成AIです。

Adobeの何かしらのプランに入ってなくてもFirefly単体で利用が可能で、

ウェブ上で画像生成をすることができるのでChromebookも使えます。

無料でも使用でき、毎月分の与えられたクレジットを消費して生成するスタイルです。

私はChromebookを使い、AdobeExpressのプレミアムプランに課金して、

Fireflyを活用し画像生成して作った画像をイラストACなどに投稿しています。

AdobeFireflyは著作権などの課題もクリアしてるので安心して使えるのが最大の強みです。

Image2からImage3へ進化するFirefly

Image2になってからも、ちょこちょこ変更があったFireflyですが、

(以前まで構成メニューは右側に配置されてましたが、左側になったり)

Image3になったということで、どのような進化になったのか確認するため、

「お気に入り」に残ってるImage1の画像を生成しようとすると↓

プロンプトはそのまま入力できましたが、Image1そのものが完全になくなったようです。

Image1の生成画像

Fireflyのベータ版、英語プロンプトだけしか使えなかった時代に作ったもの↓

Image2開始当初の生成画像

Image2開始当初についてはこちらhttps://www.dobatoblog.com/firefly-evolution/

Image2当初は構成参照がなかったので、向きなどは変化しました↓

Image3の生成画像

ん?イマイチか…?それほどでもないような…

これは今回、私がプロンプトも直さず構成メニューも適当にし、

なおかつImage1画像をスタイル、構成に参照設定したがためにイマイチぽくなったので、

もっとハイクオリティでリアルな写真のような画像を作り出すことも可能です。

ぜひともAdobeFireflyのトップページのギャラリーをのぞいてみてください。

Image2とImage3の違いの例

同じプロンプトと構成メニューでも、Image2とImage3でかなり印象が変わりました。

Image2↓

Image3↓

私が生成するものは主にイラスト系だけなので、写真系だともっと違いがあるようです。

左側のメニューでの設定変更が無限大の可能性を秘める

構成参照とは

自前の画像をアップロードしたり、ギャラリーの画像を選択すると、

その画像の構成、つまり輪郭を一致させる機能です。

スタイル参照とは

Image2のときに「生成一致」として使えていたもので、自前の画像をアップロードしたり、

ギャラリーの画像を選択すると雰囲気(画風)や色合いが適用されるものです。

その他にも追加できる効果の数がハンパない

さらにはカラーやライト、カメラアングルなどその組み合わせは無限大の可能性です。

変化(進化)し続けるのがデフォルトのAI技術

私にとってAI技術はChatGPTから始まり、AdobeFireflyを楽しむまでになったのは、

この1年ほどの出来事で、その変化(進化)に驚くばかりです。

「やっと今のヤツで慣れてきたのに〜」と考えてしまいますが、これはもう開き直って、

「進化した?じゃあそれに乗っかって自分の考えもアップデートすればいいしょ」と、

楽しんだもん勝ちです。(勝敗なんてないですが)

画像生成AIのAdobeFireflyで作った画像をAdobeExpressで加筆修正したあと、

出来上がったイラストを無料素材ダウンロードサイトのイラストACに投稿しています。

イラストACの私のプロフィールページに公開済みのイラストが載ってます。↓

イラストレーター ドバトさんのプロフィール|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」をイラストACでチェック!

公開済みのイラスト個別リンクの一覧はこちら↓

気に入ったイラストがあれば、リンク先でダウンロードしていただけると嬉しいです。

ダウンロードの手順と活用例はこちらhttps://www.dobatoblog.com/profile-icon/

(↓バナーをクリックすると、イラストACのトップページに飛べます)

無料イラスト素材【イラストAC】

コメント

タイトルとURLをコピーしました